ハロウィンの噺

IMG_20161030_011534.jpg

唐突に、オムライスつくりました。ケチャップたっぷり。塩分過多!うん。うまい!

先ほど、そこまで言って委員会を見ていたらVTRで己龍の百鬼夜行のイントロが流れていました(笑)前にはCHILDREN OF BODOMやBabymetal流れてたし、製作陣の中でHR/HM好きな人いると思います…(笑)

_20161009_202634.jpg

コンタクトの保存液が切れたので買いに行ったらかわいいの見つけたので迷わず買いました(*´v`)マイメロクロミちゃん!

スーパーとか行っても、すっかりハロウィンの雰囲気です。幼い頃は仮装したりお菓子食べたり楽しんでいましたが、今では連日のハロウィンの渋谷の様子の報道を、冷ややかな目で見ております。何がそんなに楽しいのだろうと・・・。悲しいかな、なんだか私の心は若々しさを失ってしまっているような気がします(´;ω;`)

今やハロウィンの経済効果はバレンタインを超えているのだとか。そして次にブームになるのはイースターだとかなんとか。私はプロテスタントの幼稚園に通っていたのでイースターは馴染みのあるイベントなのですが、まだまだ一般認知度が低い気がします。卵に絵を描くのが楽しかった思い出しかないです。キリストの復活祭なんですけれども(笑)(^^;)ゞ

テレビで放送されると知って楽しみにしていた落語大賞を見ました(((o(*゚▽゚*)o)))いやー今年は接戦でしたね!!笑った笑った!

個人的な感想をこっからだらだら書いていきます~。

春風亭ぴっかりさんの演目を見逃したことだけが心残りです・・・(ノ_<)桂雀太さんの代書から見ました。代書屋の話、好きな話の1つなのですが、改めてこの話の面白さを感じました。桂三度さんの演目、審査員の柳家権太楼さんが大絶賛。創作落語の大阪の虹の話なのですが、あまり落語を見ない人でも分かりやすかったと思います。そして発想にやられました、ぶっちゃけ、ナベアツだった時よりも面白いです(笑)柳亭小痴楽さんの浮世床は、父親の5代目柳亭痴楽師匠を思い起こす節のある語り口で、これまたよかったです。ただ私が思ってたよりは評価が低かったですね。そして最後の春風亭昇々さんの新作落語の最終試験は、自身の独特な世界観が炸裂していました。ぶっとんでてとても笑わされました。

審査結果は雀太さんと昇々さんで同率一位の点数。その後多数決により、僅差で雀太さんの優勝でした!雀太さんの代書、テンポもとても良かったです。

いつもポッドキャストで落語を聞いているのですが、生で落語を聞きたいとはずっと思っているので、いつか寄席にも行ってみたいです!(^∇^)